なんにも持ってないぼっちの女がスペインに行く話。

仕事もなし、金もなし、若さもなし、恋人もなし。なんにも持ってない女が何かをしようとしています。

再び渡航の準備を始める話【あきらめてないよ!】

昨年の3月。

渡航直前に飛行機が欠航となり、留学を中止せざるを得なかったはにゃです。

いつか行けるタイミングが開けるだろうと、それに備えて様子を見ながら短期派遣をしておりました。

 

前記事で書いておりました地獄のコールセンターを昨年9月で終了し、続いて10月からは別の派遣でのお仕事をしていました。

いったい自分が何の事業のどの部分を担っているのか結局最後まで分からないまま、何かのデータのチェック作業を2月で終了。

その後、少しぽっかりと時間が空き、改めてじっくりと考えました。

 

いまだ全然安心できない状況ではありますが、学校は既に再開されていて、リモート授業でもないとのこと。スペイン自体の入国は、ノービザ(観光目的とか)ではお断りだけど、ちゃんとビザを取得していれば受け入れる。日本からの留学生も来てますよとのこと。

 

そうか、行けなくはないのか……。

 

そう考えていたときに、ふと気づきました。

待てよ、今ってものすごく条件良くないか。

f:id:oyasuminminzemi:20191031144807j:plain

 

 

 

  • ハグキスであばばばってならずに済む

ヨーロッパはハグキスの国ですが、私みたいな小心者はこれが懸念材料のひとつでありました。

慣れとは言いますが、その慣れが訪れるまでは、私はハグキスにいちいち緊張し、地蔵のようになるのであろうな……と思っていました。

キスと言っても実際にちゅうするわけじゃないよ!ほっぺた触れ合わせるだけだよ!って説明にはありますが、待ってそんな至近距離で私の毛穴とか見ないでほしい。

 

現在、感染対策としてハグキス自粛せよとなっているようです。やったら罰金とまで厳しくはしていないようですが、積極的にやらないようにみたいな。

 

ハグキスしなくていいの……!?

コミュ障には有難い話です。

 

  • 『私のスーツケース来ない事件』が起こる確率低いかも

私が何より恐れているのがこれ。

到着したあとの空港で、あの回転寿司のレーンに永遠に自分の荷物が姿を現さない現象。

あらゆる運に見放された星の元に生まれた私は、ここぞというときに絶対こういう災難に遭うに違いないのです。(予言)

 

どの時点で異変に気づくべき?盗られた?手違いで別のレーンにある?手違いで別の飛行機に乗ってる?どの職員に何て言えばいい?保険会社に連絡?学校に連絡?買い物行かなきゃ?そんな金ない?電話のかけ方ってどうするの?

 

ゆーちゅーぶでロストバゲージ(って言うんでしょうか)の記事とか見るたびに、自分がこれに遭ったらどうしようと不安になるのです。こうやって対処しました、と動画の皆さんは上手くやっているのですが、私絶対そんなスムーズにやれない。

 

荷物迷子の原因はいろいろありましょうが、移動する人が多すぎて、ごった返してて、もみくちゃになって、混乱して、ああなる。というのもひとつの要因になり得ると思うのです。

 

今なら人、スッカスカなのでは?

それなら荷物も混乱せずに私とセットでちゃんと運んでもらえるのでは?

 

……なかなか良い話です。

 

  • 飛行機で隣いない解放感

飛行機の席で隣り合わせた人との試練も、覚悟しているとはいえ心配でした。

めっちゃ脚を左右に開くタイプの人だったらどうしよう、ものすごい口臭とか香臭の人だったらどうしよう、貧乏ゆすりすごい人だったらどうしよう、いちばん長いフライトで15時間弱?耐えられるだろうか。

 

現在移動する人自体も少ないとは思いますが、飛行機の搭乗人数も抑えられていて、席もソーシャルディスタンスなので、隣には確実に人がいない状態になっているはずです。

すいませんちょっとトイレに……と、脚どけてもらって前を横切るとかしなくて良くなる?『すいませんちょっとトイレ』を英語で練習しておかなくても良い?

 

なんという素晴らしい状況でしょう。

 

  • マスクで顔半分隠せる天国

この時代ですので、マスク必須です。というかスペインはマスクしてないと罰金だそうです。

以前(マスク時代突入前)は、首にふんわり巻きものをして、顔周りに布が来ることで少し顔が隠せるという感じで(自分の中で)安心感を得ていました(なんという小物感)。

マスク文化がないヨーロッパでは、やはり同じ手法で隠れるしかないと思っていたのですが、今なら堂々とマスクを着用していられます。だって着用してないと罰金ですもの、おお怖い(歓喜)。

 

劣等感の塊には嬉しい環境ではありませんか。

 

 

コロナは大変よろしくないが、コミュ障には大変美味しい状況です。

行くなら今では?私にとってはメリットばっかりなのでは?

え、じゃ行く?もう行ってしまおうか?

 

じわじわと『もう一度渡航』が現実味を帯びてきたときに、派遣会社から仕事の紹介の連絡が。

聞いてみると、6月末までの短期とのこと。

それを……やったら行こう!

即効で決め、ただちに準備に動き始めました。

 

周りからはそんな計画はもう止めて早く普通に就職しろと言われていますが、まだ私は諦めたくないなあと思っています。

時間が短くて慌ただしいですが、着実に準備を進めていきます。

 

 

久しぶりにスーツケースを開けた話【荷物の見直し】

5カ月に渡る、『他人に罵られるだけの簡単なお仕事』を勤めあげ、廃人然としたものから人間へ、ようやく戻って来たはにゃです。

 

ああ、そうだ。スーツケースの中身、あらためなきゃ……

唐突に思い出したのでありました。

 

規則正しい廃人として過ごしていた頃は心の余裕があまりなく、何かを思いついたり思い出したりしても行動に移すことが億劫に感じてしまい後回しにしていました。

スーツケースのことも何度か思い出してはいたのですがスルー脳内通過。さてどのくらい放置していたやら。

 

少し大袈裟かもしれませんが、渡航できないと分かったとき、全身から力が抜けたみたいになったのでした。

そのまま2週間ほどは余裕で放心していたように思います。その流れでスーツケースは手つかず放置、となっていたのでした。

 

先日一念発起し、ようやっと半年ぶりにスーツケースを開けました。なんだか無駄になってしまったものたちをあれこれ発掘しましたので、一部ご紹介したいと思います。

 

 

1.お茶パック大量

f:id:oyasuminminzemi:20201004130035j:image

▲ 写真はひと袋だが実はまだあるのだ

 

 海外の茶なんて飲めたもんじゃねえ!とか思っていたわけではありません。単に自分がこれが好きなだけです。あ、ダイエット効果は期待できません。私が証人です。

 

飲み慣れたものを持って行こう、で、これを飲みつつも向こうの紅茶とかも買って、合うものを探しながらシフトチェンジして行けばいいやと思っていました。

でももう期限近くなってきてる……。

いつか来る渡航まで取っとくのは愚策です。

 

これから寒くなってくるので消費はできそうです。ただし飲みきる頃には期限オーバーになってそうですけどね!(笑)

 

2.コーンスープ

f:id:oyasuminminzemi:20201004130043j:image

▲ 異国の地で日本のコーンスープを飲むとホッとするって言ってたの。ホッとしたかったの。

 

 なんでコーンスープって、聞くなよいやだって私の師匠(※勝手に弟子入り)が『旅先に持って行くべきベストなんちゃら』的な記事を以前上げていらして……!その中にコーンスープがベスト入りしてたんです、だから右に倣えで張り切って買(略)

 

これも期限が近付いてきています。いったん下げなきゃね……

たった8袋だけなので消費は問題なさそうですが、なんかやるせないことには変わりない。

 

3.2020年のカレンダー
f:id:oyasuminminzemi:20201004130030j:image

▲ 毎年このシリーズを購入してます。綺麗でお気に入り。

 

 カレンダーなんて向こうにもあるじゃない必要ないでしょ、って思っていたのですが、海外在住者の経験によると、日本の祝日と滞在地の祝日は違っているので、そういうのを把握するために両方あるのが望ましいらしい。

日本にある大使館等の施設と連絡を取らないと行けなくなったとき。

飛行機のチケット等を取る際、日本のチケット会社に問い合わせたいことが出てきたとき。

その他、日本の祝日を把握していないとセンターが営業時間外だったりして連絡がなかなか取れず辛い思いをするという理由で。

 

でも普段は現地のカレンダーで動いているので、結論、日本と現地のと両方のカレンダーを並べて壁に貼るべし、とのことでした。

 

スマホで見ればいいじゃないとかも思いますが、この方は実物推しでした。

なので私も準備してたのですが、

 

たぶんもう今年中には渡航は無理だろうと諦めています。

あと2カ月強で今年も終わっちゃうし……

 

来年のを準備したいと思います。

 

4.そうみしゃんたん
f:id:oyasuminminzemi:20201004130038j:image

▲ いまいちばん処遇に困っている相手

 

 いやこれもいろんな海外在住者さまの記事を読みあさり、満場一致のアドバイスをもとに右へ倣えで張り切って買(略)

 

これさえあれば!これさえあればなんとかなるんだ!色んな意味でなんとかなるんだ!

慣れない海外の食材を調理するにしても、

アジアの味が恋しくなったときも、

今日何作ろうと悩んだときも、

スープでもパスタでも炒飯でも野菜炒めでも!

持ってて損はないぜ絶対にな!

 

というアドバイスを元に、そ、そうなんだ……!と盲目的に買ったもんね……デカい缶をね。

これも期限が迫っています。どうしよう…………これホントにどうしよう(泣笑)

 

 

5、海外プリペイドsimカード

f:id:oyasuminminzemi:20201004130213j:image

▲ 使うこともないまま終わる

 

 これがいちばん無駄になったかもしれない。

2週間くらいだけ、海外で自分のスマホが動けるようになってくれる海外用プリペイドsimカード

 

現地でsimカードを購入する予定でしたが、それを入手するまでの間の繋ぎ的な意味で、今回のこれは準備していたものでした。

 期限は12月末までとなっています。

今年中に渡航は無理でしょう。これを使える機会はないですね……ホントがっかりです。

 

 ***

 

以上、発掘品の中から5点ほどご紹介いたしました。

 

取り出しながら、『あーそうだった、こんなの夢と希望を持ってそういえば入れたわ(真顔)』と振り返り、なんだか遠い目になったのでした。

 

nothing40.hatenadiary.com

 

コロナ失業に遭った方にはこの手がある【結局5か月間も罵られ続けた話】

はにゃです。

 

最後の更新から実に3か月、本当に語るネタがないくらい毎日規則正しくバスに乗り、規則正しく9時から18時まで罵られ、規則正しくまたバスに乗って帰途に着き、食事と入浴を済ませると概ね22時近くになっていて 終身 就寝、休みは放心、という繰り返ししかしていませんでした。

f:id:oyasuminminzemi:20200627185820p:plain

▲ まだやってた……

 

ブログを完全に放置している自覚はありましたが、なにしろ本ッ当に上記の繰り返しなわけで、ブログに書くようなネタもない。

いや、今考えれば、『本日の理不尽なクレーム内容を晒す』ですとか『ネタを提供してくれたとしか思えないような勘違いさん』のような感じで受電内容をネタにしてやればよかったとアイデアも浮かぶのですが、まっただ中の時はそんなことを考える余裕もありませんでした。

 

当初7月末まで、という契約だったコロナ支援金のコールセンターのバイトも、『あとひと月やってくれないか』が繰り返され、延び延びと結局、9月末までとなりました。

 

私も私で、何で毎日こんなに怒鳴られなイカンのやろとうんざりしながらも、しかし結局相変わらずスペインへは行けないし(渡航禁止続行中)、他のバイトって言ったってなかなか見つからないし……という感じ。ぐだぐだと『NOと言えない日本人』っぷりを見事に曝しつつ、9月末までの5か月間を、ひたすら罵られて勤めあげました。

 

まだ続けて欲しいと本当は何度も打診されましたが、私が限界でした。最後の最後は頑張って『NO!』と言ったわけです。

f:id:oyasuminminzemi:20200627191222j:plain

▲ 耐えた……耐えたぞ……!!

 

それにしても、ここまでやれた自分を本当に褒めてやりたい。

初日に配られた研修のプリントや問い合わせの対応マニュアルみたいなもの、それらすべてを最終日にシュレッダーにかけたときの爽快感たるや。見るのも嫌になっていた憎っくき書類たちがフガフガとシュレッダーに飲み込まれていくのと同時に、私に5か月間ずっと纏わりついていた憑キモノも剥がれ落ちていくような感じがして、次第に呼吸が楽になっていくような。大袈裟でしょうか。否そんなことはない。

 

というわけで久しぶりに人間に戻り、落ち着いていろいろ考えることができる時間があることをいま噛みしめています(笑)

 

とはいえ、相変わらずスペインの入国制限は解除されないままなので、ここでまた無職になってしまうと自分が苦しい。なので、9月のうちに派遣会社に登録をして、10月から始められる短期バイトはないかと打診していました。上手くいけば、10月半ばあたりから新しいお仕事が出来そうです。それまでは2週間くらいの休暇をもらったと思って、疎かになっていたアレやコレを片付けて行きたいと思っています。

 

 

そして、提案です。(こんな世界の片隅から)

 

コロナの影響により失業してしまい、いまにっちもさっちもいかないという方。新しい仕事が見つかるまで、繋ぎで良いから何かあれば、とお探しの方。いらっしゃると思います。そんな方に朗報です。

 

これ系のコールセンターのオペレーターをお勧めします。

 

『いやお前自分が嫌だと思った仕事をひとに勧めるってオイ』と思われるでしょうが、いいえ真面目に申し上げています。

 

 

1.ハードルが低い

コールセンターとしては、とにかく目の前の1本を取ってくれる人が欲しいのです。だからほぼ100%の確率でまずは採用されます。丁寧語とかなにそれ?みたいな感じのチャッラい大学生の兄ちゃん姉ちゃんでも採用されます(差別発言のつもりはありません。一例として取り上げています)

 

いえ、もちろん丁寧語とか知っていて損はありません絶対。兄ちゃんたちは採用後に当然苦しむことになります。電話対応はとにかく酷いものです。ですが、採用はされるのです。

 

採用はされるのです。

 

2.辞めやすい

ダメだじぶんにはとても!!と思われたら、即刻撤退して結構。……いえ、本当はコルセン側としては長らく続けてくださる方が良いのに越したことはないですが。

 

入れ替わりが激しいところなので、短めのお勤めで辞めて行かれても、みんな慣れきっていて『んまァッ!!』とか思いません。

まず最初は『2週間だけ』というド短期バイトの約束で入るとかにすると良いと思われます。ダメだと思ったら、約束の日までは頑張る。そのために最終日を短く設定しておくのです。

自分に合ってるとかいけそうだと思ったら、1か月ごとの更新でも可。その間に水面下では就活をして、もし再就職が決まったら、次の更新はしない、という感じにすればかなり理想的ですね。

 

私みたいに、就活は就活でも水面下で次の短期バイトを探すでも良いですよね。ここがダメなら次に移りましょうー。

 

3.お給料高め

時給が高めなことが多いです。8時間フルで月21~22日間だと、贅沢はできずとも生活は可能なレベルまで持って行けます(人数多いファミリー層で大黒柱が一人、という場合は除く)

先ずは生活の確保が大事、明日のごはんを手に入れるのだ!という方にはぜひ。

 

コロナのせいで失業した者が、コロナ支援金のコルセンやって、コロナのせいで失業しそうな者を援助する。皮肉な図式ですが、しかし灯台もと暗しとはこのこと。あまり求人が無い……と嘆かれている昨今ですが、コロナ支援金やらコロナ助成金やらのコルセンは、ここだけ局地的に絶賛大募集中です。

 

***

 

私は5カ月でギブアップでしたが、わずか5カ月で古株と言われるほどの世界です。それだけ厳しい仕事ということにもなりますが……、できます。この根暗でトーク力ゼロの私が5カ月くらいは粘れたくらいには。

 

ひとつアドバイスをするとすれば、必要なのは『ドM気質』『鈍感力』だそう。私もどこかで聞いたアドバイスでしたが、体験してみて真実だと思いました。

 

必要なのは、『ドM(若干でも可)』であることと『鈍感力』です。

 

 

私はどちらの素質も持っていなかったのでギブアップでした!!