なんにも持ってないぼっちの女がスペインに行く話。

仕事もなし、金もなし、若さもなし、恋人もなし。なんにも持ってない女が何かをしようとしています。

海外初心者あるある:安さには裏があるということ【LCC 格安航空券】

f:id:oyasuminminzemi:20191017152202p:plain

飛行機のチケットっていつ取ればいいの?

え?予定が決まったらいつでもいいの?

もう予約していいの??

自分でスタートを切るというのが、どうにも不安でたまりません。

予約した後に予定が変わったらどうするんやろ……その恐怖からいざ購入に踏み切れないのです。

でもやらなきゃ(震え声)

 

とりあえず、本当に今この瞬間に購入するかは置いといて、でも本当に予定を固めないといけなくなってきたと感じ、一生懸命スカイスキャナーとか見ています。

 

チケットの値段、ホントにピンキリ。

信じられないくらい差があります。

目が飛び出そうなやつは、ここは当然無視ですけど。

逆に目が飛び出そうなくらい安いやつもあり。

 

すごいお得なチケットだな?こんな値段で乗せてくれるの?

タダより高いものはないっていうしな……いやこれはタダじゃないけど、安いだけじゃ済まない事情があるんじゃないの。……

疑いの目でそのプランを凝視して、気づいたこと。

 

これ、LCC!!

 

LCC格安航空会社。

ことばとしては聞いたことはありますが、正しくその意味を理解してはいません。これまでは自分と無縁のことばだったので。

 

チケットを安くする代わりに、色んなサービスを可能な限りカットしてコストを下げてるんですね。ちょっとそこまでのミニトリップには有難い限り、これを使わない手はないですね。

 

しかし、このLCCでカットされているものの中には、なんと荷物を預かる手数料が含まれているのですねぇ。

f:id:oyasuminminzemi:20191017152238p:plain

まだスーツケースさえ手に入れていませんが(早くしろよ)、長期の滞在ということで、90リットル32リットルくらいの大小を揃えるつもりです。

 

90リットルのほうは「預かり荷物」として、飛行機のお腹の中に仕舞われて行きます。

32リットルのほうは「機内持ち込み荷物」として、飛行機の自分のシートの頭上のボックスに入れておくものです。

(そんなの誰でも知ってるわという突っ込みはどうかご遠慮ください……)

 

普通(←)の航空会社は、重量制限はあるものの、「預かり荷物」はお金がかかりません。重量超過すると超過料金を取られますが、制限内の重さにしておけばそのまま預かってくれます。

 

対してLCCは、そもそも「預かり荷物」というサービスがない。あんなでっかいスーツケース、じゃあどうすんの。「機内持ち込み荷物」として扱ってくれるの?

そんなわけない。「機内持ち込み荷物」は1個のみ7キロまで?みたいな制限があり、これも超過するとお金取られます。

え、じゃあホントにどうすんの。でっかいやつは20キロ超える感じですよ。

 

ここで悪魔がニヤニヤしながら言うわけです。

「じゃあそのでっかいやつ、『預かり荷物』扱いにして受け付けてあげる」

あ、そうなんですか!な~んだ、できるんじゃん!

「手数料はこちらです(スッ)」

…………

 

…………

 

この提示される金額が、信じられないくらい高額なわけです。

ちょっ……!!!って言いたくなるけど、どうしようもない。泣きたい気持ちで、言われるがままの料金を支払うのです……

チケット安いのは、ここにカラクリがあるのですね。

 

だから私は、LCCの飛行機に乗っちゃいけない。安いように見えて、荷物の多い者は結局高くついてしまう。気を付けなければと思った瞬間でした。

(私の理解が間違ってたら突っ込んで訂正してくださいませ!!)

 

スカイスキャナーとかで出てくる料金表示の横とかに、分かりやすく「これはLCC」ってアイコンでもあればいいのにないため、いちいち、これはLCCなのかそれともちゃんとした(?)航空会社なのか調べないといけないのが地味に面倒です。

 

ちなみに確認しておきたいのです\が、

・預け入れ荷物の個数:1個

・機内持ち込みの荷物の個数:身の回りの品のほかに一個

って書いてある場合、

・90リットルの大スーツケースは預け入れ荷物として空港のカウンターに渡し

32リットルの小スーツケースと、背中にリュック(機内で過ごすグッズが入っている)を背負って飛行機の中に入って行って良いという認識でよろしいでしょうか。

つまり機内持ち込みは2個になるわけですが、このリュックはカウントに入らないということでOK?

 

海外初心者あるある:航空券をどう買えばいいのか分からないということ【時差】

スカイスキャナーだのスカイチケットだのをせっせと見てはいるものの、分からなくて動けないはにゃです。

 

何が分からないかって、チケットの手配。

購入の仕方が分からないという話ではありません。

チケット自体はまあ、きっとその気になれば買える(←とても不安)。

ですが、経由地から乗り換えて次の経由地に行く(?)のに、何日の何時頃出発のチケットを狙えばいいのかが分からない。行っている意味がお分かりでしょうか……説明が下手ですみません……

 

何が言いたいかといいますと、時差の問題です。

f:id:oyasuminminzemi:20191014105954p:plain

時差ァ……

 

日本とスペインの時差は-7時間。

日本を出発して、時間に逆らって飛ぶ(?)と、経由地に着くころには何日の何時に到着しているのか?ここがはっきりしていないと、次の行動が起こせない……

 

いちばん楽なのは直行便です。何にも考えなくて良い、いちど日本で飛行機に乗りさえすれば、次降りるときは目的地。でもこれはない。

旅行代理店とかですべてのルートを手配してもらうみたいなやり方もあるのかもしれませんが、かなり高くつきそうなイメージです。

できるだけ自分で乗り換え乗り継ぎするのが、フトコロ的には助かる感じがします。ただし、自分がいちばん苦労しそう。でもそれも経験になると思えば、でしょうか(小声)。

 

そんなわけで時差の計算ができずに、いまだ航空券のサイトをウロウロしたり、そういうルート案内をしてくれるサイトがないかと探したりして、実のならない日々を送っています。

 

でも11月に入ったら学校の入学申込書を提出したりするし、いよいよ本当に動かなきゃという時は近づいている……コワイ……コワーイ!!

 

指南書を買いました【地球の歩き方】

留学へ向けて最後の荒稼ぎ(?)をしているはにゃです。

職場の環境はあまり良くない。長くいないから別に良い、と割り切っているので耐えられますが、それでも胃が痛くなることはあります。

先日、むしゃくしゃしたのでガイドブックを買いました(なんという結論)

後悔はしてない。

 

そもそも海外初心者が何もなしに行けるわけはなく。

旅行のプロだってガイドブックを持って歩くんですから。

なにかしらのガイドブックを入手するつもりではありましたが、巷に溢れている旅行ガイド本のどれがいいのか、見当が付きませんでした。

 

ここは素直にアドバイスを求めようと、私が(勝手に)尊敬して(勝手に)頼りにしている、ひとり女子旅ブロガーさまドラえもん(仮))に聞いてみました。

 

 

「ドラえも~ん(仮)、ガイドブックってどれがいいんでしょうか?ありすぎて分かりません!」

「『地球の歩き方』は細かい情報満載でやっぱり頼りになる。あと個人的に好きなのはトランジット(意訳)」

 

昔も今も、まずはこれ。正露丸と同じくらいの安心感(ニュアンス伝われ)

f:id:oyasuminminzemi:20191002102206j:image

私の目的地(バレンシア)の情報に至っては、たった5~6ページしかないのですが、本の前半と後半に分けられて、ものすごい量のお役立ち情報が載っています。空港の情報、バスの乗り方、お金の話、保険の話、防犯対策、その他もろもろ。読んでいるだけでためになります。これで少しずつ勉強しとこう。

 

トランジット(TRANSIT)は、情報もたくさん載ってるけど、写真が綺麗だから好きとのこと。

分かる~。実はドラえもん(仮)が教えてくださる前から、私もトランジットのファンなのであります。理由も同じ、写真がホント綺麗なんです。旅行ガイド誌としてでなく写真集のような感覚で、いつも眺めてはため息をついています。ご覧になったことのない方はぜひお試しを。

TRANSIT(トランジット)22号  美しきスペイン (講談社 Mook(J))

TRANSIT(トランジット)22号 美しきスペイン (講談社 Mook(J))

 
A20 地球の歩き方 スペイン 2019~2020

A20 地球の歩き方 スペイン 2019~2020